CGI

Common Gateway Interface

CGIは元々NCSA httpで使われていた、HTTPサーバー(HTTP Deamon)上で、ブラウザ(クライアント)からの要求に応じて、プログラムを実行し、その結果を送り返す動的HTML(もしくは画像など)の作成の為に、HTTPサーバーと実行されるプログラムの間のデータのやりとりを取り決めたプログラムインターフェースである。

 

そのため受け渡されるデータの受け渡し方法やデータのフォーマットや出力の形式にルールが決められており、そのルールを守って作ればどのHTTPサーバーに持って行っても同じような動作する。

 

このルールの事をCommon Gateway Interfaceと呼ぶ。このインターフェースを守って作られたプログラムの事をCGIプログラムと言う。

 

 

言語はPerl・PHPが主流